歯をもっと白くしたい!「クリーニング」と「ホワイトニング」の違いってなに?

白い歯

輝くような白い歯並びは、財産のひとつです。日々のホームケアに励んでいても、食べ物などでついた黄ばみや黒ずみはなかなか落ちないもの。そこでおすすめしたいのが、歯科医院でのプロフェッショナルによるケアです。
歯のケアでよく聞くのが「クリーニング」と「ホワイトニング」です。でも、明確にちがいがわかるという方は少ないのではないでしょうか。

クリーニングとホワイトニングの違い

簡単に説明すると、クリーニングというのはいわゆる歯のお掃除のこと。原則的に保険の治療の範囲内で出来ます。一方、ホワイトニングというのはいわゆる歯の漂白のことで、保険は適用されず、自費での治療になります。また、施術の目的も異なり、「クリーニング」は歯の健康を守る目的、「ホワイトニング」は審美的な目的で行われることが多くなっています。

クリーニングは歯周病予防に効果的

クリーニング

クリーニングでは、歯科医師、歯科衛生士が虫歯や歯周病の原因になる歯垢や歯石を専門の器具で取り除いていきます。専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行うクリーニングはとくに「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」と呼びます。歯周病の原因になる歯周ポケットにたまったプラーク(細菌のかたまり)はセルフケアではとりのぞけないので、歯周病の治療をした方や、そのおそれがある方には、PMTCが有効です。また、タバコを吸う方や、お茶などのタンニンで黄ばんだ歯を白くするためにも、PMTCは効果があります。

自宅でできるホワイトニングもある

一方、歯のホワイトニングは、消毒薬と同じ成分である過酸化水素を使って、歯に染み込んだ有機性の着色成分を分解・漂白していきます。ホームケアと、歯医者に来院して行うケアがあります。
低刺激の過酸化尿素という薬をマウスピース状のトレーに入れて、一定時間歯に装着します。最初は歯科医院で指導を受けて、あとは自宅で行います。だいたい2週間ほど連続して行うと、だんだん歯の黄ばみがとれて白くなっていきます。
歯科医院でのケアは、オフィスホワイトニングと呼ばれます。変色している歯に一本ずつ薬品を塗って白くしていきます。
時間があり、自然な白さを目指す方は、自宅でのホームホワイトニングがおすすめです。時間をかけて段階的に白くしていくので、効果の持続期間も長くなります。あまり時間がなく、短期間で効果を求めたいなら、1回の来院で白さが実感できるオフィスホワイトニングがよいでしょう。ただし、急速に白くするので、効果の持続もやや短くなります。

今井歯科コラム バックナンバー一覧