インプラントとブリッジと入れ歯の違い

事故や加齢、歯周病などの病気で自身の天然歯を失った方の治療法にはさまざまなものがあります。中でも、よく知られているのはインプラントとブリッジ、入れ歯でしょう。でも、その違いってご存知ですか? ここでは、インプラントとブリッジ、入れ歯の違いについてお伝えします。

技術の進歩で噛みやすい入れ歯も増えている

技術の進歩で噛みやすい入れ歯も増えている

まず、入れ歯についてはご存知だという方も多いでしょう。少し昔までは、歯を失った場合の治療方法は、人工的に作った歯や歯茎を口の中にはめ込む入れ歯しかありませんでした。入れ歯は取り外しが可能で、メンテナンスがしやすいのが特徴です。医療保険内で作れる安価なものから、保険適用外の高性能なものまでさまざまです。従来は入れ歯と言うと「痛い、噛みにくい、外れやすい」といったイメージがありましたが、最近では技術の進歩でそうしたマイナス点を払しょくした入れ歯が作れるようになっています。

両脇の歯を支えにしてかぶせものをするブリッジ

ブリッジとは、欠損した歯の両脇の歯を削って人工のかぶせものを作って治療する方法です。両脇の歯を橋げたのように支えに使うので「ブリッジ」といいます。
ブリッジのメリットは、見た目の違和感が少ない点です。セラミックを使うとさらにきれいな仕上がりになりますが、保険の適用外となります。噛む力は、入れ歯よりは強くなりますが、それでも天然の歯の6割程度と言われています。
デメリットは、健康な歯を削ってかぶせものをする点です。削った歯が虫歯になると、ブリッジの作製もやり直さなくてはいけません。支えている歯に負荷がかかり、その歯を抜歯する必要が出てくることもあります。

天然歯とほとんど変わらない仕上がりが特徴のインプラント

天然歯とほとんど変わらない仕上がりが特徴のインプラント

インプラントは、アゴの骨に穴をあけてチタンの歯根を埋め込み、その上に人工の歯を作る方法です。一度インプラントとあごの骨が結合すれば、非常に接着力が強く安定します。歯周病やインプラント周囲病といった病気に気をつければ、生涯にわたって装着することも可能になります。(今井歯科での定期メンテナンスをしっかり受けましょう!)見た目も、セラミックの人工歯を使用すれば、天然歯とほとんど変わらない仕上がりとなります。

インプラントのデメリットは、費用が高くなりがちという点です。インプラントの本数によって費用は異なります。また、大がかりな外科手術が必要な場合もあり、治療期間も長くなることもあります。施術した医師の腕によっては、後に神経麻痺などの後遺症が残るケースも報告されています。今井歯科では、インプラント治療について、勉強会を通して研鑽を重ねており、症例数も多数ありますので、ご安心して受診頂くことが出来ます。

インプラントとブリッジ、入れ歯、それぞれにメリット・デメリットがあります。皆さんの口内環境によってもどの治療法が適切か異なるので、今井歯科にご気軽に相談してみてください。

今井歯科コラム バックナンバー一覧