院長執筆協力書籍のご案内

オーラル・インプラント・リハビリテーション Vol.3 口腔機能回復編

ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア

[歯を失うと、体全体に影響する!]

第3巻では、歯を失ったり、噛む力が減退することが、体全体の虚弱につながることを解説しています。歯を失うことで、姿勢が悪くなり咀嚼能力が低下し、耳下腺などの唾液腺への刺激が少なくなり、唾液が少なくなります。それにより、舌が乾き、飲み込むことが困難となっていきます。インプラントを埋入し、即日に仮歯を入れることで、顔貌に大きな変化が起こり、口腔周囲筋が変化し、顔が若返り、咀嚼機能が高まります。本書は、700症例以上のオールオン4などの即時荷重症例を基に、顔貌を分類し、どの咀嚼筋、表情筋を使用することで歯を失う前の顔に戻し、健康を取り戻せるかを今井院長が歯科医学専門誌より発刊したものです。

オーラル・インプラント・リハビリテーション・シリーズ

プロビジョナルレストレーション装着期間中の口腔周囲筋トレーニング
Vol.1 側貌分析・分類およびトレーニング編
詳しく見る

ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア
Vol.2 術後管理編
詳しく見る

オーラル・フレイルおよびサルコペニアを予防するためのMFTとインプラントの活用
Vol.3 口腔機能回復編
詳しく見る