妊娠が分かったら気をつけたいこと

妊娠中の歯科治療について

妊娠中の歯科治療について
妊娠中でも、歯科治療を受けてはいけない時期というものは特にありませんが、胎児の状態が比較的安定している妊娠中期(妊娠5ヶ月~8ヶ月)が望ましいでしょう。
妊娠初期ですと、使用する薬剤によって、胎児への影響が心配されたり、または過度の緊張状態によってお母さんの精神状態が不安定になり、流産を引き起こす危険がないとも限りません。
また、妊娠後期になりますと、急に仰向けになることにより低血圧を引き起こしたり、初期と同様に過度の緊張状態により早産になってしまうこともあります。

妊娠中のレントゲン撮影について

妊娠中のレントゲン撮影について
妊娠中にレントゲン撮影をすると、胎児に奇形が出たり、発育が遅れたりするのではないかと心配されるかと思います。ですが、歯科治療で使用する放射線の量はとても少ないため、妊娠中にレントゲン撮影をしても胎児への影響はありません。今井歯科では、照射時間が短く少ない放射線で撮影できる歯科用X線CT撮影装置を完備しております。レントゲン撮影時には、腹部を守るために必ず防護エプロンを着用しましょう。

妊娠中から、赤ちゃんの食育は始まっている!?

妊娠中の歯科治療について

妊娠中の歯科治療について

お母さんが食べたものによって、羊水の味が変化するってご存じでしたか?お腹の中の赤ちゃんは、胎盤から摂る栄養や、羊水の味を「初めての味覚」として体験します。お母さんが妊娠中によく食べていたものが、お子さんの好物だという方もよくいらっしゃいます。生まれてからも好き嫌いのない子供にするためには、妊娠中からお母さんが色々な食べ物を偏りなく食べることが大切なのです。
また、胎児の乳歯や永久歯は、お母さんの胎内にいるうちからでき始めます。歯を強い子にするためにも、お母さんはカルシウムやバランスのとれた食事を心がけましょう。

妊娠中にお母さんが気をつけたい食生活

  • 良い水をたくさん飲みましょう
  • カルシウムを摂りましょう
  • 甘すぎるもの・塩辛すぎるものは避けましょう
  • 和食を心がけましょう

赤ちゃんが生まれたら、さっそく虫歯予防を始めましょう

赤ちゃんが生まれたら、さっそく虫歯予防を始めましょう

赤ちゃんが生まれたら、さっそく虫歯予防を始めましょう。
皆さんは赤ちゃんの歯がいつ頃生え始めるかご存知ですか?赤ちゃんの最初の歯は、通常生後8ヶ月頃に生えてくると言われています。
また、多くの赤ちゃんは、下の前歯から生え始めるのが一般的です。

赤ちゃんの歯を守るのはお母さん、あなたです!

赤ちゃんの歯を守るのはお母さん、あなたです!

歯がまだ生えていない時期は、赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいませんが、歯が生え始めるとさっそく虫歯菌は住み着いてしまいます。
虫歯菌は何かのきっかけでご家族、特にお母さんから感染することが多いと言われています。ご家族の方は、赤ちゃんと接する時は、歯磨きなどお口の環境を清潔にしてから接してあげるよう心がけてください。
歯が生えたら赤ちゃんの歯磨きを始めましょう。
また1歳のお誕生日前後には、歯科検診を受けるのが良いでしょう。

なぜ母乳が赤ちゃんの成長に良いのでしょう?

なぜ母乳が赤ちゃんの成長に良いのでしょう?

赤ちゃんは母乳を飲む時、一生懸命あごを動かしますね。このことにより、あごの発達が促されます。あごの発達は、歯並びに大きく影響を及ぼします。あごが十分に発達しないと、歯が生える場所が足りなくなり、歯が重なって生えるなど、将来、歯並びが悪くなる可能性があるのです。また哺乳瓶で授乳すると、赤ちゃんは弱い力でもミルクを飲むことができるため、あごが十分に発達しないことがあります。赤ちゃんはできるだけ母乳で育てるようにしましょう。

その他にも母乳にはこんなメリットがあります!

  1. 母と子の絆を深める
  2. 口の周りや舌の筋肉を発達させる
  3. 感性や情緒を豊かにする
  4. 鼻呼吸ができるようになる
  5. 心肺機能を高める
  6. 味覚を鍛える

乳歯の虫歯もしっかり予防しましょう

乳歯の虫歯もしっかり予防しましょう

乳歯はどうせそのうち抜けて生え替わるのだから、虫歯になっても大丈夫、と思っていませんか?
乳歯の虫歯を放っておくと、次に生えてくる永久歯の歯並びやあごの発達に悪影響を及ぼしたり、虫歯になりやすい永久歯が生えて来ることがあります。
乳歯は永久歯に比べて弱く、虫歯菌の出す酸によって溶けやすい性質を持っています。
また子供は、おやつなど、大人と比べてより多くの糖分を摂ってしまう傾向にあります。お母さんがしっかりと歯磨きをしてあげましょう。

乳歯の役割とは?

  • よく噛むことで栄養を吸収する
  • あごの発達を助ける
  • 顔の輪郭を形成する
  • 永久歯が生える時の目印となる
  • 正しい発音ができるようになる

乳歯の虫歯予防① フッ素の力を活用しましょう

フッ素は歯の質を強化し、虫歯に強い歯を作ります。お子様が小さいうちは歯科医院で定期的にフッ素を塗布しましょう。ご家庭ではフッ素入りの歯磨きを使いましょう。

フッ素の力を活用しましょう
歯質を強化する
フッ素は傷んだ歯の表面を修復し、虫歯菌の出す酸に溶けにくい歯質に変える働きがあります。
虫歯菌の働きを弱める
フッ素は虫歯菌の働きを弱め、虫歯菌の出す酸の量を減らす効果があります。
歯を再石灰化する
フッ素は歯の再石灰化を促し、歯からカルシウムやリン酸などが溶け出すのを防いで表面を修復します。

乳歯の虫歯予防② シーラントってなあに?

シーラント

シーラントとは、奥歯の噛みあわせ部分など、歯の溝が深い部分に、プラスチックの塗料を塗って膜を張り、虫歯を予防しようというものです。同時に歯の溝も浅くなりますので、食べかすや歯垢なども溜まりにくくなります。
シーラントをすれば全く歯のケアをしなくても良い、というわけではありません。あくまで虫歯になりにくくするものであって、完全に虫歯を防ぐものではありません。
また、シーラントは永久のものではなく、何かのきっかけで剥がれてしまうこともありますので、定期的に検診を受けることをおすすめします。

指しゃぶりが歯並びを悪くする!?

指しゃぶりが歯並びを悪くする!?

お子様の指しゃぶり、気になりますよね。
0~3歳までの指しゃぶりは子供にとって、手・目・口の協調運動に役立ち、知覚や運動能力の発達を助けますので、特に心配はいりません。
3歳を過ぎるとだんだん手先が器用になり、他のものへ興味が移り、指しゃぶりをする時間は自然と減ってきます。
3歳を過ぎてもやめられない場合、歯並びやかみ合わせに重大な影響を及ぼしてしまうことがあります。
指しゃぶりは3歳を過ぎたらやめるよう、本人に注意しましょう。

治療の苦手なお子様は、まずは慣れるところから始めます。チェアに座っても、すぐに治療をはじめません。ゆっくりと当院のスタッフが優しくお話しをします。そうやって、歯科医院へ徐々に慣れてもらうのです。
また、すぐに治療が必要な子でも、出来るだけ削らない治療を心がけます。乳歯をしっかり治療すると言っても、削ればいいという訳ではありません。より健康な生活をおくり、より丈夫な永久歯が生えるようにするためには、極力削らずに、歯を保存することもとても大切なことなのです。
そして、治療には出来るだけ時間をかけません。長引けば長引くほど、その子にとって歯科医院に行くことが苦痛となってしまうからです。