子どもの歯の治療について知りたい

子どもの歯の治療

歯のケアは乳歯のうちからスタート!生え始めの歯にもしてあげられるケアがあります。
子供の歯の生え変わりには個人差があり乳歯で3~6ヶ月位、永久歯で1~2年位異なる事があります。
乳歯ははえかわるからと言っておろそかにはできません。
とても大切な役割を担っています。

お母さんと子どもの歯のケアについて

毎日の歯磨きが大切ということはわかっていても、赤ちゃんの口に無理やりハブラシを入れて歯を磨こうとしてもなかなかうまくいくものではありません。ステップをふんで、あせらず、楽しくハミガキをしてください。
お母さんのひざの上に赤ちゃんの頭をあおむけにのせて、やさしく話しかけながら磨いてあげましょう。はじめは、きれいに磨くことよりハミガキになれることが大切です。まず親自身を楽しくケアをしてください。また子供用のハブラシは特に毛のやわらかいものを探してください。硬いものになれないように!

ケアのポイント

1.強い歯を作る

栄養のバランスのとれた規則的な食事は、お子さんの健康で丈夫な身体をつくり、むし歯に対する抵抗力を高め、歯質のよい強い歯をつくります。

2.むし歯菌を減らす

歯の表面にすみついている細菌は、300~400種類もいます。またプラーク(歯垢)には、1mg(湿重量)あたり1億個以上も細菌がいます。このうち、むし歯の原因となる最近は、糖分を原料にして歯の表面を溶かす強い酸を出します。歯磨きによって、こうした細菌を出来るだけ少なくします。

3.甘いもののコントロール

糖分は、むし歯菌の養分になりますから、甘いお菓子やジュースなど、糖分の多いものをできるだけ控えるようにします。

乳歯の生えかわり~六歳臼歯

小学校に入学するころから、乳歯が抜け始め永久歯が生えてきます。この時期の口の中は、乳歯と永久歯が入り交じりデコボコして複雑です。特に「六歳臼歯」と呼ばれる最初の永久歯は、物を噛みくだく力が一番大きく、永久歯の歯並びや噛み合わせの基本となる重要な歯。完全に生えるまでに約1年かかるため手前の乳歯より背が低く、生えたのに気づかなかったり、歯ブラシの毛先が届きにくかったりして、虫歯になりやすい状態にあります。正しい歯の磨き方を教えたり、仕上げ磨きで、お子さんの歯の健康を守ってあげましょう。
6歳臼歯が少しでもはえたらこれまで以上に良く磨きましょう。