詰め物・被せ物がとれた

詰め物・被せ物がとれた

「詰め物・被せ物が外れてしまった」
詰め物が取れる最大の原因は人工歯と歯を付けているセメントの劣化による詰め物の脱落、ならびにセメントの漏出によってむし歯菌が詰め物と歯の間に入り込み、中でむし歯を作ってしまうことによるものです。詰め物が取れてしまうと新たに作り変えることが多くさらにむし歯の部分も取らなければならないため、歯を削らなければならなくなります。
つまり、詰め物を長持ちさせることは残っているご自身の歯を長持ちさせることにもつながってくるのです。

補綴治療とは?

審美補綴とは歯を動かして矯正するのではなく、虫歯、欠けた歯、不良なかぶせなどを削ってセラミックスなどで修復することにより、きれいな歯やきれいな歯並びに改善することです。

詰め物(かぶせ物)の種類について

詰め物(かぶせ物)と言えば、普通は、銀の詰め物(かぶせ物)を想像されることと思いますが、材質によっていろいろな種類があり、それぞれのメリットとデメリットがあります。

詰め物の種類

オールセラミック 全てをセラミック(陶器)を使用して製作した素材です。金属を使用しないため見た目が天然歯に近く、金属アレルギーの心配もありません。
ハイブリッドセラミック レジン(プラスチック)とセラミックを混ぜて製作した素材です。将来的に色が変わってしまいますが、柔らかい素材なので、周りの歯を傷つけにくいです。
メタルボンド 金属性の人工歯の上からセラミックを焼き付けた素材です。人工歯の中では最も古くから使われ、強度も強いのが特徴です。
ジルコニア 人工ダイヤモンドとしても知られているジルコニアで作られた被せ物は、見た目や色が自然の歯に近く、金属の物に比べても強度が高いのが特徴です。
金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも安心して使用して頂けます。