八潮市の運動推進事業を紹介!運動はメタボだけでなく歯周病対策にも効果あり?

近年、「メタボリックシンドローム」という言葉が多くの人に認知され、健康推進が盛んです。今井歯科医院がある埼玉県八潮市でも、運動推進事業を行っており、市民の健康を促しています。今回は、具体的な3つの試みから、八潮市がどのように健康推進を行っているのかをご紹介します。あわせて、運動不足と歯周病の関連性や、ストレスを解消する適度な運動方法などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

県内ワーストワンのメタボ率を返上すべく八潮市が取り組んだ運動推進事業!

県内ワーストワンのメタボ率を返上すべく八潮市が取り組んだ運動推進事業!

八潮市は2015年の段階で、市民のメタボ率が20%を越え、6年連続で県内のメタボ率ワーストワンになるという不名誉な記録をつくりました。そのため同年に、「やしお毎日1万歩運動」の予算を計上し、以前から開催していた「八潮市健康スポーツまつり」とともに、健康推進の2つの柱としたのです。さらに、市民のウォーキングの手引きとなる「八潮市健康づくりウォーキングマップ」も作成し、適度の運動を通しての健康づくりを進めています。

「タニタ」の健康プラグラムに基づいた「やしお毎日1万歩運動」!

「タニタ食堂」で知られる、健康器具製造販売の大手会社「タニタ」は、独自の健康推進プログラムを開発しています。日常の運動、食事、休養のサイクルの中で、血圧や歩数などの測定を行い、自分の健康状態を理解して、生活の中で改善していくというシステムです。
八潮市の「やしお毎日1万歩運動」は、この「タニタ」のプログラムに基づき、毎日歩数計を持ち1万歩歩くという市民の健康促進の運動です。市役所、保健センター、文化スポーツセンターの3か所のキーステーションで、歩数計のデータから自分の健康状態のチェクもできます。また、筋トレやウォーキング、栄養などの講座や、参加者同士の交流会もあり、自分の健康状態に合わせて参加できるため、運動をする環境をつくる試みといえるでしょう。詳細は、八潮市健康スポーツ部健康増進課保健医療係にお問合せください。

八潮市健康スポーツ部健康増進課保健医療係

〒340-0815八潮市八潮八丁目10-1
電話:048-995-3381
HP:https://www.city.yashio.lg.jp/kenko/kenko_hoken/oshirase/1mannpounndou.html

「八潮市健康スポーツまつり」は市民が楽しみながら健康を考える場です!

「八潮市健康スポーツまつり」は、つくばエクスプレス「八潮駅」からバスで15分ほどの八潮市保健センターで、毎年11月を原則に10:00~15:00くらいまで開催されます。2017年で第19回になる「八潮市健康スポーツまつり」は、体験から楽しみながら健康を促進する試みです。
クイズを解きながら健康を考える恒例の「健康クイズ」や、様々な企画がある「親子&ふれあい広場」、グランドゴルフなどのレクリエーション体験、名産品の試食、飲食物のチャリティー出店など、盛りだくさんに楽しめる内容となっています。それとともに、健康チェックや歯科相談、フッ素塗布などのコーナーもあり、おのずと健康が促されます。

八潮市保健センター

〒340-0815八潮市八潮八丁目10-1
電話:048-995-3381
利用時間:8:30~17:15
休館日:土日祝日
HP:https://www.city.yashio.lg.jp/kurashi/shisetsuguide/shisetsuannai/hoken_center.html

「八潮市健康づくりウォーキングマップ」は市民のウォーキングを推進する道標!

「八潮市健康づくりウォーキングマップ」は市民のウォーキングを推進する道標!

ウォーキングをするなら、車が頻繁に通る場所や、空気が悪い場所などは避けたいものですね。そんな市民のウォーキングの強い味方が、「八潮市健康づくりウォーキングマップ」です。コースは3㎞、5㎞、10㎞と設定されていて、それぞれの時間や体力、健康状態などに応じて選択できます。マップは4種類あり、市内の自然や歴史スッポトなどの観光名所を歩きながら、健康の促進ができるのです。市役所はじめ市内の各施設で配布し、HPからダウンロードもできます。詳しくはHPをご覧ください。

「八潮市健康づくりウォーキングマップ」

HP:https://www.city.yashio.lg.jp/kenko/kenko_hoken/kenkozukuri/walkingmap.html

運動不足は体の様々な部分に害を及ぼす万病のもと!

現在は、交通網などの発達により体を動かす機会も減り、運動不足が深刻な問題となっています。運動不足の第1の問題は、筋肉や筋力の衰えによる全体の諸機能の衰えと、その結果の脂肪の燃焼の低下によるメタボのリスクです。さらに、ストレスの蓄積は免疫力の低下にもつながり、風邪などが長引く可能性も高まります。そして、心筋梗塞や脳溢血、糖尿病、がんなどの深刻な病気のリスクも高まるのです。腰痛や便秘、頭痛などの原因ともなり、日常生活にも支障をきたすため、万病の元といっても過言ではないでしょう。

ストレスが口腔内環境に与える多くの悪影響!

メタボは、糖分を血液中に吸収させエネルギーに変えるインスリンの働きが弱く、歯の健康に悪影響を与えますが、ストレスもそれに負けないくらい害になります。ストレスがたまると心身を回復させるため、交感神経の動きが活発になります。そして、口腔内の滅菌効果が絶大な唾液の分泌が低下し、虫歯や歯周病などのリスクが高まるのです。また、ストレスが引き起こす血行障害も、歯や歯肉への十分な栄養の供給を妨げ、虫歯や歯周病の原因になります。

適度の運動によりストレスはだいぶ解消されます!

適度の運動によりストレスはだいぶ解消されます!

ストレスには、不適切な食事や睡眠不足、様々な日常のトラブルなど、多くの原因がありますが、その大きな一つが運動不足であることはすでに述べました。適度な運動は筋肉をほぐし、疲労を回復させるのです。また、心拍数を上げて酸素を多く吸収することで心臓が活発に動き、血行が良くなるのとともに認知する能力も上がります。
同時に、体の各部分の情報を全身に伝える神経伝達物質が増加し、わだかまりが減って気持ちもすっきりする「セロトニン」や「エンドルフィン」などの幸せを促す物質も増加します。これらの相乗効果により、ストレスのかなりの部分は解消されるのです。

歯と全身の健康のために日常的に適度な運動を行おう!

適度な運動はストレスを解消しますが、過度の運動は逆にストレスを増やしかねません。そのため今井歯科医院では、ストレスの解消のために有酸素運動を勧めています。有酸素運動は、一定のリズム感で全身を使う運動で、あまり激しくないため長時間行うことができます。ウォーキング、ジョギング、ランニング、ヨガ、水泳などが代表です。また、自分の体力や運動能力にあった無理ない運動から始めて、少しずつ運動量を増やしていくのも大切です。途中でやめたり、気の向いた時のだけ運動したりしても、効果は得られません。継続することが重要なのです。

まとめ

今回は、八潮市の運動推進事業についてご紹介しました。また、運動不足がいかに歯や全身の健康に悪影響を与え、適度の運動が予防になるか、お分かりいただけたかと思います。運動をしていても、歯のトラブルは治りません。もし虫歯や歯周病の疑いがある場合は、ぜひ八潮市の今井歯科医院にお越しください。

八潮市おすすめエリア情報 バックナンバー一覧