八潮市の伝統芸能「大瀬の獅子舞」は雨ごいに関係あり|雨が降ると歯痛になるのはなぜ?

今井歯科がある埼玉県八潮市を代表する伝統芸能「大瀬の獅子舞」は、祭の日によく雨が降ることから、雨ごいの行事として現代でも信じられています。その雨に関係して、「雨が降ると歯痛になる」という言い伝えがありますが、本当なのでしょうか。ここでは、「雨と歯痛が科学的に関係しているのか」や「急に歯が痛んだときの対処法」についてご紹介いたします。

「大瀬の獅子舞」は350年以上の歴史を持ちます

「大瀬の獅子舞」は350年以上の歴史を持ちます

八潮市の大瀬氷川神社では、県無形文化財に指定された「大瀬の獅子舞」が、毎年7月1日と2日に奉納されているのです。1日は浅間神社に、2日は氷川神社に奉納されます。浅間神社は、もともと別にありましたが、現在は氷川神社に合祀されています。また7月の第4日曜日には町内を回る「祈祷獅子」も行われます。1662年ごろに、当地を治めていた旗本・森川氏から獅子頭を拝領したのが、はじまりといわれています。毎年多くの観光客でにぎわう伝統芸能です。

「大瀬の獅子舞」は3匹の獅子による3部構成の舞!

「大瀬の獅子舞」は序の舞、本舞、結びの舞の3部構成になっていて、3匹の獅子が登場します。顔が青く二股に分かれる2本の角を持ち、ひげが生えているのが兄の「大獅子」です。顔が黒くに分かれのない2本の角を持ち、ひげが生えているのが弟の「中獅子」。顔が金色で角がなく額に宝珠があるのが母親の「女獅子」になります。お囃子は笛のみで17の節があり、獅子は太鼓をたたきながら舞います。序の舞は顔を隠した獅子が御幣の前で顔を出し奇妙な動作をする「人から獅子になる儀礼」です。結びの舞は祝儀袋を渡されお礼に舞う終わりの舞になります。

12の「掛かり」と呼ばれる舞がある「大瀬の獅子舞」の本舞!

本舞は、3匹の獅子が富士浅間神社に参拝するため富士山に登る物語で、12の「掛かり」と呼ばれる舞で構成されます。12の「掛かり」は、「花回り」「大弓」「小弓」「太刀」「閂」「屏風返し」「橋」「綱」「烏覗き」「飛び恰好」「飜り恰好」「御幣」です。「花回り」は富士山麓の花畑で遊んでいると母親が行方不明になり、兄弟で探し再開する内容です。その後はいよいよ富士山登山です。「掛かり」には2時間を越す長いものもあり、2日間ですべてを舞います。

舞のクライマックスの富士山詣!

舞のクライマックスの富士山詣!

本舞はドラマチックな物語です。まず「大弓」は、笹やつたに擬した大弓を3匹がかき分けての登るようすです。その後は、魔物が現れ退治をし、母親がまた行方不明になります。さらに、母親を探して再会し、谷川の丸木橋を渡るなど、困難な登山のようすが舞われます。「綱」では障害物に見立てた綱が弟と母親と兄を分かれさせてしまい、その綱を兄が噛み切って再会する舞です。「飛び格好」でようやく浅間神社が見えて、喜んで飛びあがるようすを舞います。「飜り恰好」は参拝を終えた労をねぎらう顔を合わせて太鼓を叩き舞います。

富士山信仰や雨ごいとも関係のある「大瀬の獅子舞」

富士山に登ることから、江戸時代に盛んだった富士山信仰の富士講と深く結びついています。そのため、浅間神社に奉納されるのです。また、この地域は稲作地帯であり、雨ごいや害虫駆除、悪疫防除の夏祈祷の祓いとしても、行われてきたとされています。祭の日によく雨が降ることから「どろんこ獅子」の異名もあり、地元では現代でも雨ごいの舞と信じられているのです。舞が奉納される大瀬氷川神社には八潮駅南口から(八潮11)戸ヶ崎循環行き潮止橋南下車、徒歩約1分。

大瀬氷川神社

〒340-0822 埼玉県八潮市大字大瀬1501番地1
お問合せ電話:048-997-6666(八潮市資料館)
HP:http://www.ecity.ne.jp/syousai/fes_main.asp?P_FNO=139

雨が降ると歯が痛むのは本当か?

「雨が降ると歯が痛む」という言い伝えがあります。一見迷信のように思えるかもしれませんが、実際に雨の日に歯が痛むことはあるでしょう。これは気のせいではなく、実は科学的に根拠があることです。雨が降ると気圧が変化します。血管が拡がり頭蓋骨内の圧力が変化し、脳の三叉神経が刺激されるのです。さらに、自律神経のバランスが崩れることも原因のひとつです。だるくなったり眠気がしたり気力が出なかったりするなどの症状をともない、頭痛がすることもあります。

雨が降ると歯が痛むのは低気圧の影響も!

雨が降ると歯が痛むのは低気圧の影響も!

ほかにも、さまざまな理由があり、歯痛に特有の原因もあります。雨が降ると気圧が下がるため、傷口のケロイドやひきつれなどの瘢痕組織が引きつり、古傷が痛むように治療した歯が痛むこともあるのです。低気圧になると免疫細胞から多く放出されるヒスタミンも原因のひとつ。体がむくみ血行が悪くなり疲労物質がたまり、筋肉や神経が過敏になることも痛みの元になります。歯の中のわずかな空洞に空気が膨張して内側からの圧力が高まるという歯痛特有の理由もあるのです。

雨の日に痛む歯にどのように対処する?

気圧の変化による一時的な痛みでも、やはり歯痛はいやなものです。歯医者に行くほどではないとしても、痛みを和らげたい場合はどのような対処法があるのでしょうか。まずできることは、痛みを冷やすことです。強い光や大きな音を避けることも大切といえます。さらに、お茶などを飲みリラックスすることも効果的です。痛みを和らげるツボを押すことも効果的といえます。また、痛みが起きないために日ごろからよく眠り、ストレスをためないことも大切です。市販の痛み止めを飲むのはなるべく避けたいですが、どうしても痛みが取れないときは服用してようすをみることも必要でしょう。それでも、痛みが取れないときは我慢せずに今井歯科までご連絡しください。

まとめ

今回は八潮市の伝統芸能「「大瀬の獅子舞」を紹介しました。祭の日は大変込みますが、八潮市の歴史を知るうえでも1度は行ってみてはいかがでしょうか。また、歯痛と雨の関係は言い伝えという迷信ではなく科学的な根拠もあります。対処療法で痛みが改善することはあるので、雨の日に痛みが増す人はさまざまな方法を試してみると良いでしょう。しかし、痛みがひどかったり長引いていたりする場合は虫歯の可能性が大きいので、お気軽に今井歯科までご相談ください。

八潮市おすすめエリア情報 バックナンバー一覧