八潮市図書館で学ぶ「歯科の歴史」

最近、どんな本を読みましたか。本を読むことは、私たちの世界に広がりと深みをもたらしてくれます。図書館は、そんな素晴らしい出会いの宝庫。今度の休みには図書館に出かけて、知らなかった歯科の世界の扉を開けてみるのはいかがですか。

八潮市図書館は、八幡公民館内にある八幡図書館、八條公民館内にある八條図書館の総称です。どちらも、開館時間は9:00~19:00、休館日は毎週月曜日となっています。八潮市にお住まいの方、在勤・在学の方に加え、草加市・越谷市・三郷市・吉川市・北葛飾郡松伏町の皆様もご利用いただけます。

八潮市図書館で借りられる歯科関連の本をご紹介!

八潮市図書館で借りられる歯科関連の本をご紹介!

歯医者さんが好きな人も嫌いな人も、歯科医療の歴史を探求したり、自分の歯の仕組みについて理解を深めることで、新しい発見がありそうですね。

はみがき100年物語(ライオン歯科衛生研究所編)

今でこそ基本的な生活習慣として日本人の生活に根付いている歯みがきですが、いつから普及し、定着したのかご存知ですか。明治時代以降、食事も含めた生活が急速に近代化した結果、子どもの虫歯罹患率が96%という深刻な事態に。ある民間企業がこれに危機感を感じ、100年にわたる地道な歯みがき普及運動を展開しました。その成果として、今では小学生の虫歯保有数が1本を切っています。

本書は、100年にわたる歯みがき普及運動の足跡を、豊富なビジュアルとともに紹介しています。また、専門家へのインタビューなどを通して、口腔ケアと健康寿命の関係など今後の可能性についても考えさせられる内容になっています。

たんけんはっけんじぶんの歯(丸森秀文)

小学1・2年生向けの、歯の知識と歯みがきの本です。おとなの歯が生え始めるこの時期は、自分の歯に興味を持ち、理解を深める絶好のチャンス。本書には、歯が徐々に生えてくる様子がわかる写真や、虫歯の写真などが多く載せられています。

また、部位別に歯の磨き方が写真入りでわかりやすく紹介されており、ちょうど同じ年頃の子どもがモデルとして歯を磨いています。子どもたちが自分で歯みがきをしたくなる本です。

入れ歯の文化史:最古の「人工臓器」(笠原博)

昔の人は、歯を失ったらどのように補っていたのでしょうか。初期の入れ歯は、噛むことはできず、ただ見た目を保つために入れる、ひどくお粗末な装身具でした。本書では、現代のような入れ歯が登場するまでの歴史を、エリザベス一世、ワシントン、源頼朝、杉田玄白などのエピソードや写真資料などを交えてたどります。

現代の入れ歯がどうやって作られているのか、将来入れ歯はどうなるのかといった知識も得られ、知りたい気持ちを満足させてくれる本です。

昔の人はどうしてた?歯みがきの歴史

古代から歯みがき習慣は存在していたようです。例えば、古代インド人は、ニームという木の枝を噛み潰してささら状にし、一日二回の歯みがきを習慣にしていました。中国では959年ごろの歯ブラシが発見されています。ヨーロッパで馬毛の歯ブラシが使われるようになったのは、17世紀になってからです。

日本では、552年に歯みがき習慣がインド方面から伝来しています。平安時代には民間人も楊枝での歯みがきを行っていました。初めは塩を歯みがき粉として用いていましたが、江戸時代になると庶民の間でもさまざまな歯みがき粉が出回っていたようです。

歯科医療はいつごろ始まったのでしょうか。紀元前2000年のバビロニアでは、歯が痛い時は加持祈祷に頼っていました。14世紀のヨーロッパでは、歯が痛い場合、理髪師や街々を回る「歯抜屋」といった職業の者が抜歯を行っていたようです。日本では、701年の大宝律令で耳目口歯科が制定されています。また、室町時代末期から安土桃山時代には口歯科として独立し、後に入れ歯を作る口中入歯師と抜歯や治療をする口中医に分かれています。

進歩する歯科治療

進歩する歯科治療

室町時代や江戸時代には幕府お抱えの口中医がおり、上流階級の裕福な人たちは抜歯や痛み止めなどの歯科治療を受けていたようです。一方庶民は、参拝や願掛けなどのほか、針きゅう・生薬で痛みを和らげるなどの方法がメインでした。

また、虫歯の原因は小さな虫が歯を食べることだと考えられていましたが、1881年(明治14年)ごろに、虫歯が酸によってできること、酸と歯垢との関係、歯ブラシによる予防ができることについて明らかになってきました。

最近では口腔と全身の関係性についての研究が進み、ただ歯だけを治す歯科治療ではなく、口腔を良い状態に保つことにより全身の健康を促進するという考え方へと変わってきています。高齢化社会において歯科治療が、長寿と健康のカギを握るようになってきているのです。

まとめ

歯科の歴史の世界を、ご一緒に少しのぞいてみましたが、いかがだったでしょうか。歯医者さんに対する見方や、自分の口の中に対する考え方が少し変わりましたか。八潮図書館には、歯科についての見聞を広められる本が他にもたくさんあります。いつも図書館を訪れている人も、久しぶりだという人も、ぜひ探しに来てくださいね。

八潮市おすすめエリア情報 バックナンバー一覧