八潮市で人気のラーメン店|ラーメンを食べたけれど糖尿病が気になる方へ

誰もが大好きなラーメンですが、ラーメンを食べ過ぎてしまうと糖尿病になる可能性があります。そして糖尿病は歯や口腔内にとても大きく関わります。八潮市で人気のラーメン店をご紹介しながら、糖尿病と歯との関わりについてお話ししますので、参考にしてください。

八潮市で人気のラーメン店

八潮市で人気のラーメン店

八潮市で人気のラーメン店7店舗をご紹介します。どこのラーメン店に行くか迷ったときにお役立てください。

Handicraft Works

住所:八潮市伊勢野111-1
営業時間:11:30~14:50 L.O /17:30~20:20 L.O
定休日:毎週月曜日
備考:京鴨特選出汁そば、油そばが人気。京都産をはじめとした、計6種の醤油を独自にブレンドしたタレに使用しています。お洒落な外観も人気の理由です。
 

らーめんたか

住所:八潮市中央1-5-11
営業時間:11:30~14:00 / 18:00~店主が力尽きるまで
定休日:不定休
特徴:北海道の素材を使った「エゾシカラーメン」がイチオシです。チャーシューの代わりに鹿肉のローストがのせてあります。臭みもなく食べやすいと評判です。

ラーメン魁力屋 八潮店

住所:八潮市伊勢野472
営業時間:11:00~24:00
特徴:背脂がたっぷり乗った濃厚な味で、醤油にとことんこだわっています。がっつりと食べたいのなら、トッピング全てを乗せた「特製醤油厳選全部のせラーメン」がお勧めです。

ラーメン青木亭 八潮店

住所:八潮市大字古新田441
営業時間:11:00~23:00
定休日:水曜日
特徴:素材本来の味を引き出す「純水」を使用した、こだわりとんこつスープが自慢です。見た目はこってりしていますが、食べるとあっさりとした味となっています。

珍來総本店 八潮ドライブイン店

住所:八潮市八条1512-1
営業時間:11:00~翌4:00
定休日:無休
特徴:人気ナンバーワンは、うまに麺で、たくさんの具材が煮込んだあんかけ風のラーメンです。月替わりのメニューあり、ゆで卵のサービスありで、メニューが豊富です。

幸楽苑 八潮中央店

住所:八潮市中央4-8-1
営業時間:11:00~翌2:00
定休日:無休
備考:老舗ラーメン店で、醤油、味噌、塩、つけ麺とラインナップが豊富です。暑い時期は冷やし中華も人気です。サイドメニュー、お持ち帰りも充実しています。

くるまやラーメン八潮店

住所:八潮市八潮2-2-10
営業時間:11:00~翌2:00
備考:トッピングが豊富です。スープも色々選べるため、自分だけのオリジナルラーメンが楽しめます。ラーメンをご注文の方に限り、半ライス1杯無料、月~土の午前11:00~午後3:00まで焼き餃子(5個)262円→157円です。

食生活と糖尿病の関係性とは

偏った食生活は、糖尿病を誘発する可能性が高くなります。これはラーメンに限ったことではなく、偏った食事と生活習慣の乱れが、糖尿病を引き起こす原因となるのです。糖尿病を引き起こしやすい食べ物は以下のとおりです。

炭水化物

炭水化物は体のエネルギー源であり、欠かせない栄養素です。しかし炭水化物ばかり大量摂取するとカロリーオーバーになり、将来的に糖尿病を引き起こす原因になります。バランスの取れた食事を心がけることが大切です。

ジャンクフード

特にスナック菓子やカップラーメン、ファストフードなどのジャンクフードはカロリーが非常に高く、脂質も高いために肥満になりやすい食べ物です。またよく噛まずに早食いになりやすいため、食後の血糖値が急激に上がりやすいことも糖尿病を引き起こしやすくなる原因です。

甘いもの

甘味には色々な種類があり、砂糖はその代表と言えます。中でも特にケーキなどのお菓子は、砂糖以外にも生クリームやバターなどといった高カロリー、高脂質なものが使われていることが多く、糖尿病になりやすい要因がたくさん含まれています。

あんこを使った和菓子なら心配ないと思いがちですが、あんこに含まれる糖質は思ったよりも高いものです。その上、まんじゅうの皮などの糖質は、場合によってはケーキ類よりも高くなる場合があります。

アルコール類

アルコールが好きな方には耳が痛い話ですが、アルコールは糖尿病と大きく関わります。日本酒、ワイン、ビールには糖質が含まれています。また焼酎には糖質はほとんどありませんが、意外にもカロリーが高いとも言われています。

このように、アルコールはカロリー、糖質ともに高いことから糖尿病の患者さんはできれば禁酒するよう勧められます。このことからわかるように、アルコールは糖尿病を引き起こす原因のひとつです。

現代人は、糖質の摂取が過剰だと言われている上、運動不足の傾向があります。生活習慣の乱れが糖尿病になる大きな原因となることがおわかりいただけるでしょう。

糖尿病の特徴

糖尿病の特徴

糖尿病の怖いところは、様々な合併症を引き起こすことです。糖尿病の合併症により、失明や神経障害による皮膚の壊死など、重篤な症状が起きてしまうことがこの病気のやっかいなところです。

これは糖尿病になることにより、体の抵抗力が落ちるために様々な合併症が起こると言われています。つまり「抵抗力が下がる=細菌感染しやすい」ということです。糖尿病は、「感染しやすい、傷が治りにくい、薬が効かない」といった、まさに三重苦とも言える病気なのです。

歯周病と糖尿病の関係

では糖尿病と口腔内ではどんな関わりがあるのでしょうか。糖尿病や心疾患などの全身疾患には歯周病が深く関わっていることがわかっています。特に糖尿病は、歯周病ととても深く関係しています。ではなぜ歯周病と糖尿病がこれほどまで深く関係しているのでしょうか。

歯周病は、歯周病菌による細菌感染で、歯ぐきや顎の骨に影響が出ます。そして糖尿病の方は、細菌に対する抵抗力が弱くなっているため、歯周病に罹患しやすいことと同時に、糖尿病も悪化する傾向にあります。

糖尿病の症状のひとつとして、口が乾きやすくなることがあります。口が乾くと唾液分泌が少なくなり、口腔内で細菌が急増するために歯周病菌も増えやすい状態となるのです。

また糖尿病の方は、健康な方が使う麻酔の注射が使えません。糖尿病の方に適した麻酔薬は効きが甘いため、麻酔の効果がすぐに切れてしまいます。そして傷の治りが悪いため、抜歯後や歯周病が悪化して歯ぐきに膿が溜まり、切開した後も化膿しやすくなります。

抗生物質を服用しても、体の免疫力が落ちるため、なかなか症状が良くならないことも糖尿病のやっかいなところです。

以上のことからわかるように、糖尿病と歯周病はお互いを悪化させてしまうのです。

正しい生活習慣で糖尿病や歯周病を予防することが大切

糖尿病は食べ物だけが原因ではありません。糖尿病は、生活習慣が非常に大きく関わります。特に運動不足は糖尿病の大敵です。運動することで、摂取したカロリーを消費し、血糖値を下げます。しかし運動不足になると摂取したカロリーを消費することができず、血糖値を上げてしまいます。

毎日適度な運動を行うことが糖尿病の予防にもなり、歯周病の予防や進行を抑制します。バランスの取れた食事や適度な運動を行い、プラークコントロールをしっかりと行って、歯と体の健康を維持しましょう。

八潮市おすすめエリア情報 バックナンバー一覧