八潮市文化スポーツセンター 歯の健康と運動について

歯の健康と運動は切っても切り離せない関係があります。歯と健康の関連性のほか、八潮市文化スポーツセンターの予約方法をはじめとした施設の案内、予約方法などについてご案内します。

八潮市文化スポーツセンターの基本情報と会員登録について

八潮市文化スポーツセンターの基本情報と会員登録について

利用時間は、午前9時~午後9時。年末年始のみ休館日とされています。八潮市文化スポーツセンターへのアクセスは、電車の場合はつくばエクスプレス八潮駅北口より徒歩17分程度です。バスを利用した際は、八潮市コミュニティバス西回りにて、文化スポーツセンター下車後すぐです。

利用者登録について

八潮市文化スポーツセンターをご利用の際は、あらかじめ利用者登録(無料)が必要です。
登録すると、「利用者登録カード」が発行され、インターネットやスマートフォン、電話などにおいて利用が可能となります。以下に手順を記載します。

1. 利用ガイドブックに記載の通り、利用者登録受付窓口で利用者登録申請書を受け取る
2. 利用者登録申請書へ必要事項を記入。金融機関で預金口座の確認印をもらう
3. 本人確認ができるもの(運転免許証、健康保険証など)を準備
4. 利用者登録受付窓口へ利用者登録申請書を提出

利用可能施設と予約方法について

利用可能施設は、野球場、テニスコート(その他研修室、和室、講堂、体育室)があります。

予約方法

野球場、テニスコートなど施設の利用は、事前の予約が必要です。「まんまるよやく」というページ上で、予約システムから行います。「まんまるよやく」とは「埼玉県東南部地域 公共施設案内予約システム」のことで、このページから施設の予約、抽選および空き状況の照会を行うことができます。なおこの操作方法には2種類あり、「かんたん操作マニュアル」と「多機能操作マニュアル」があります。

運動と歯の健康の関連性について

運動と歯の健康の関連性について

体の健康は、歯から作られるといっても過言ではありません。運動と歯の健康は、密接な関係があります。よく噛んで食事をすることで、体の中に栄養素が取り込まれ、丈夫な体を作り出すのです。

一流のアスリートは歯を大切にする

海外のトップアスリートなど一流のアスリとートは、歯をても大切にします。一般の人に比べると虫歯なども少なく、未処置の歯が多いことが特徴です。トップアスリートは、勝敗の分かれ道となるシーンにおいて最大の力を発揮し、最良の結果を得るのです。虫歯で歯がボロボロであったり、歯並びが悪いため噛み合わせが合っておらず、食いしばる力がないと、良い結果を出すことはできません。歯の調子で気になることがある場合、試合前にかかりつけの歯科医師に診察を受けてから試合に臨むと言われています。つまり最良の結果を出すために、体だけでなく歯もベストコンディションに整えておくのです。このように、トップアスリートはとても歯を大切にしていることがわかります。

噛む力とパワーの関連性とは?

一瞬の力を必要とする場面で、歯を食いしばることはありませんか?スポーツにおいて、瞬発力やパワーを必要とする場面では歯をグッと噛みしめることで力を発揮します。このときの噛み締める力は、一般の成人男性で約90キロの負荷がかかるというデータが出ています。そしてスポーツ選手はそれ以上に噛み締める力が強いと言われているため、素晴らしい力が発揮できるのでしょう。このように、噛む力とパワーはとても密接な関係にあります。

歯並びと噛み合わせの大切さについて

歯並びおよび噛み合わせは、わたしたちの体の健康と大変深い関係があります。嚙み合わせの異常は、頭痛や肩凝り、顎関節症などといった不定愁訴を引き起こす原因と言われています。またスポーツをする人で歯並びが悪く、噛み合わせに異常があると、噛み締める力が弱く、力を出し切れません。食いしばれないことで集中力も弱まり、重心移動にも悪影響を及ぼすため、スポーツで良い結果を出すことができません。スポーツだけでなく日常生活にも影響が及ぶ歯並びの乱れや噛み合わせの異常は、矯正治療を受ける必要があります。

いつまでも健康でいるために、お口の中の健康を大切にする

歯や口腔内の健康に気を付けることは、トップアスリートでなくても全く同じです。お口の中の健康は、体の健康に直結します。高齢化社会が進み続ける今の世の中、健康であることの第一条件は「歯やお口の中が健康である」ことです。歯はよく噛んで体に栄養素を送り届ける基礎を作り出すだけでなく、脳の発達や認知症の予防にもなります。入れ歯など歯がある場合と、歯が全くない場合(無歯顎)では、認知症になる可能性もずいぶん変わってきます。入れ歯を入れていない状態ではバランスが取りにくいため、転倒の比率に違いが生じます。入れ歯が入っていることバランスが整い転倒しにくくなりますが、入れ歯が入っていない場合、バランスが崩れるためにつまづきやすく、転倒に繋がってしまうのです。高齢者が転倒すると骨折しやすく、回復も遅くなることから、まずは転倒しないようお口の中の健康に気を配る必要があります。年齢を重ねても適度な運動と、口腔内のケアを欠かさないようにしましょう。

運動を通じて、歯と全身の健康を守りましょう

このように、運動と歯の健康には深い関係があります。そのためには規則正しい生活はもちろん、バランスのとれた食生活、適度な運動そして歯や口腔内を大切にし、健康な生活を心がけましょう。八潮市文化スポーツセンターでは運動のための施設の他、市民の皆様の健康のための相談等も伺っております。